海外旅行でホテルについたらすぐにするべきこと

ホテルの受付で行うことについて

ホテルに着いたら、レセプションでは荷物から目を離さないようにしてパスポートと予約確認書などを提示することになります。受付では予約をしていることを伝えて部屋のタイプや、チェックアウトする日などを確認しましょう。次に必要事項を宿泊カードに記入します。カードにはアルファベットのブロック体で記入しましょう。添乗員がいるツアーの場合は、チェックインをすべて代行してくれることが多いです。部屋のカギを受け取る際にデポジットとしてクレジットカードを渡さなければいけないこともあります。荷物はポーターが部屋まで運んでくれますが、貴重品は自分で持っておきましょう。また、チップを渡すことも大事です。自分で荷物を運びたい場合は、断ることもできます。

部屋に入ったらすぐに確認すること

旅行で空港からホテルに着けば一安心ですが、部屋に入ったらいくつかチェックしておくべきポイントがあります。まず、荷物を全て開ける前に部屋の設備に不備がないか確認しましょう。最初にチェックしておくべきなのはドアのロックです。次にシャワーからお湯ができるか、電化製品はちゃんと作動するか調べましょう。人数分のアメニティやタオルがそろっているか確認するのも大事です。電化製品は差込口にキーを入れなければ電気が正常に作動しないシステムの部屋もあるので、注意しましょう。また、ドライヤーや歯ブラシはない場合も多いです。何か問題があれば早めに受付に問い合わせをして、部屋を変えてもらうようにお願いすることをおすすめします。