愛媛には、二種類の鯛めしが存在しています

おこげの美味しい松山鯛めし

愛媛県は、全国的に鯛の養殖が有名です。瀬戸内海の穏やかな海で育った鯛はお刺身にして頂いても非常に美味しいのですが、松山市などの県の中部、中予といわれる地域では、鯛を炊き込みご飯にする鯛めしが郷土料理として食べられています。ご飯を炊く時に、少し焼き目のついた鯛をそのまま一緒に炊き込みます。醤油とみりんでのシンプルな味付けで炊きあがったご飯から、一旦鯛を取り出し身をほぐしてまたご飯に戻します。本当にシンプルな味付けと調理法ですが、新鮮な鯛との相性はバツグンです。特におこげの部分には、ダシが詰まっておりご飯が冷めても美味しさが凝縮されて美味しいので、翌日おにぎりにして食べるといった方法で楽しめるのも魅力的です。

究極の漁師飯、宇和島鯛めし

ご飯と一緒に炊き込む中予式の鯛めしに対して県の南部、南予と呼ばれる宇和島市の地域では炊き上がった白米に、鯛の刺身をのせて食べます。鯛には事前に醤油、みりん、生卵で下味をつけておくことで、鯛の旨みとプリプリで新鮮な身を楽しめるのが魅力です。元は漁師飯として船の上で食べられていた食事なので、ざっくりとした調理法ですが究極の卵かけご飯と呼ぶに値する程に美味しいです。鯛茶漬けとは違い、刺身状態のままの鯛とホカホカのご飯との温度差も美味しく食べられるポイントの一つですよね。 松山鯛めしと宇和島鯛めし、松山市内にはどちらも食べられるお店が多数存在しています。旅行の際にはどちらの味も食べ比べてみたいものですね。